KARATE INFO

伝統派空手について、ルールや特徴などを解説します。

空手について

空手とは

f:id:hacohugu:20170422152515p:plain

 空手(空手道)とは、手や足での打撃技を中心とした武道の一つです。元々は沖縄発祥の武道だと言われていますが、現在では世界中に愛好者がいて、多数の流派が広まっています。最近ではスポーツとしても楽しまれていて、2020年東京オリンピックの競技種目としても採用されました。

 空手には多くの流派が存在していて、ルールもそれぞれの流派によって違うため、「空手とはこういうものだ」という明確な説明は難しいのが現実です。当サイトでは、学校の部活動でも多く取り入れられ、スポーツとしても広く楽しまれている、「伝統派空手」について解説したいと思います。

伝統派空手について

 「伝統派空手」の競技としては「組手」と「形」の二つがあります。

 「組手」は、一対一の試合形式で行われ、突きや蹴りを相手の顔や腹に当ててポイントを奪い合います。突きや蹴りは振りぬかず寸止めというルールがあります。

 「形」は、個人や団体で決められた演武を披露し、その完成度を競うものです。競技では、審判の採点により勝敗が決まります。

 伝統派空手の大きな特徴は組手が寸止めであることです。そのため、ケガが少なく、女性や子どもでも安心して楽しむことができます。武道であるため礼節は重視されますが、スポーツと同様に気楽に取り組むこともできます。

瓦割り

 空手というと、テレビやマンガで出てくる瓦割りなどのイメージが強いと思います。私も空手をやっているというと大体の人から「瓦割れるの?」と聞かれます。しかし、伝統派空手はそいういったことをすることはほぼありません。あれは他の流派やデモンストレーションでやっているものだと思います。

おわりに

 最近はテレビで取り上げられることも増え、今後オリンピックに向けて一層注目が集まってくることと思います。分かりづらいところもある競技ですが、やるのも観るのも面白いので、ぜひ興味をもってみてください。